みっちゃん、反抗期真っ只中!!


by milkyway1755
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2月2日(金) 曇り時々晴れ

9週5日目

ちょっと汚い話ですが・・・
朝起きてすぐ大便して・・・1度トイレに行き2度目のトイレでペーパーに
「えっ!?」膣にペーパーをあてると、血はつかない。普通のおりものしかつかない。
でも、お尻と膣の間からは血が・・・なんで?さっきトイレ行ったときはつかなかったじゃん!
その後、2回トイレ行ったけど血は出なかった。
単にお尻が切れていただけのよう・・・でも、必要以外は安静にしていよう・・・


人気blogランキングへ
クリックすると、応援されます(^^)
ワンクリック、ヨロシク★




マタニティ・マークを知っていますか?
お腹が目立つ5ケ月くらいなら妊婦ということがわかるけど、2~4ケ月の妊婦は周囲から妊婦というのがわからない。
d0097059_14243718.jpg

このマークは昨年3月に厚生省に認定されたマークで、まだ周囲から妊婦とわからないと思われる女性を守るためのマークです。

“初たまごクラブ”(冬号)という雑誌にストラップがついていることをユキさんに教えてもらって、買いました。
これをつけることで、「妊婦とわかる」というわけですが・・・一時期関東の方では、駅などにポスターを貼ったりストラップを配ったりしていたそうですが、関西では・・・旦那に聞くと「そんなん知らんぞ」と一言。鉄道員だから知っていると思っていたけど、ネットで調べるとあまり浸透性はないようで、まだまだ知名度が低いです。

「少子化!少子化!」と政府は騒ぐわりに、こういうマークがあることをTVや公共の場で公に宣伝しないので、世間で知られていないんだと思います。
又、厚生労働省の大臣の発言も問題ですねぇ・・・彼の世代は「産めよ、増やせよ」の時代でこの年代の男性も女性も「女性は産む機会」と聞いても不快に思わないらしい。だから、ああいう安易な発言をするんでしょうね。
世の中には、望んでも子供ができない人もいるし、努力している人、経済的に無理な人いろんな人がいます。
今の現代、かつての「産めよ、増やせよ」という時代の考え方ではないんです。だから、あの発言は今の世の中にはふさわしくないですね。
「少子化」と訴える政府にも疑問です。
今、人口が減ってきて子供を増やさないと将来の年金制度に支障がきたすから、「少子化」と訴えているようにも思います。
子供を産むまでにそして育てていくまでにかなりのお金がいります。
医療控除で昨年9月から35万円。子供1人産むと5千円。実際、出産までにかかる費用は60万円以上。とてもたりません。あとベピー用品などなど・・・不妊治療されてる人ならもっと費用がかかると思います。
20代で子供を作るとなるとキツイですね。だから、結婚年齢や出産年齢も上がる。
海外では出産は保険がきくけれど、日本では地域によって控除が受けられたりうけられなかったり・・・それでも、1回の診察で7千円近く支払います。

保険がきけば、児童手当も充実すればもっと住みやすくなるのにね・・・

厚生労働大臣の発言で、大臣は辞任しなきゃなんなくなるんだろうけれど、予算を決めることに野党はこれを理由にボイコットしてるのは筋違いじゃないの?やっぱり国の先行きを決める予算決議をもっとしっかりして欲しいものです。

d0097059_14523438.jpg

お腹がすくと、これをつまみます。
一袋3枚のうち1枚を食べます。
食物繊維・カルシウム・鉄10種類のビタミンが入っているコーンフレークのビスケット。
あとは、さつま芋。
[PR]
by milkyway1755 | 2007-02-02 14:57